琴海町

地理

琴海町

きんかいちょう

長崎県の中部の大村湾側にあった町。西彼杵郡に属していた。農業はミカン栽培などが盛んで、漁業ナマコ漁やカキ漁などが盛んである。また、真珠養殖も行われている。

1959年1月15日に村松村と長浦村が対等合併し、琴海村が発足(村松村の一部は時津町へ編入)。1969年1月1日に琴海村が町制施行して琴海町となった。2006年1月4日に長崎市に編入された。