スマートフォン用の表示で見る

禁闕の変

社会

禁闕の変

きんけつのへん

日本の室町時代の嘉吉3年(1443年)9月に京都で起こった後花園天皇内裏の襲撃事件のこと。吉野朝廷南朝)の復興を唱える後南朝とされる勢力が御所に乱入し、三種の神器の一部を奪い比叡山へ逃れた事件だった。