芹沢茜

マンガ

芹沢茜

せりざわあかね

氷川へきるの漫画「ぱにぽに」及びそのアニメ化作品「ぱにぽにだっしゅ!」の登場人物。

桃月学園1年D組在籍、演劇部所属のお転婆娘。B組の白鳥鈴音?主宰の人形劇団にも参加。

ネコミミのような癖毛と特徴的な眉毛がチャームポイント。

ロボット型着ぐるみ「ロボ子」をはじめとするさまざまな演劇用着ぐるみ・衣装に身を包んで校内を闊歩することが多い。

演技力自体はそれなりにハイレベルで、ベッキーに変装して教壇に立ち

文科省の役人を相手に見事授業をやり遂げたこともあるが、

時には場の空気を読まない着ぐるみで登場し、また時には役になりきりすぎるあまり暴走することがある。

思ったことをすぐ口にするためこれまた空気を読まない発言・暴言も多く、

これらの言動のおかげで周囲からひんしゅくを買うこともしばしば。

しかし性格的にはむしろ比較的良識派であり、ツッコミを入れる立場に回ることも。

また、自分のクラスにやってきた小学生を暖かく歓迎したり

クラスメイトの南条操?が悩んでいるところを抱擁して慰めるなど、時折優しさや懐の深さを見せる。

成績は今ひとつで、補習・追試の常連。

所属する演劇部は映画研究部(映研)と敵対しており、芹沢扮する「ロボ子」と

映研の来栖柚子?(1年A組)扮する怪獣スーツ「ドジラ」&「メカドジラ」は宿命のライバル。

その姿で会う度に戦闘になる。

しかしお互い相手の中の人が誰なのかは知らず、素顔の2人は作中屈指の親友コンビ。*1

CVドラマCDアニメ共に沢城みゆき

*1:一部では「百合」認定されている。