芹沢光治良

読書

芹沢光治良

せりざわこうじろう

「良心」の文学


疲れ切り、乾いた心に

慈雨のように

染み入る言葉。

他者を自然に思いやる、

日本人が忘れかけた

ヒューマニズム……。

私たち現代人にとって.

芹沢文学はキラキラと輝く

宝物のようだ。 (アエラより)

 「巴里に死す」 「人間の運命」を読めばわかりますが、

 ヒューマニティ溢れる素晴らしい文学です。いわゆる文壇に属さない作家でした。

 文壇という社会の隅から斜に構えて社会を見て社会の本質を見せるという日本の文壇特有の作品で はありません。それゆえ文壇の世界で、不当にも差別され、文学研究者からも無視されています。

 読めばわかります。人間にとって大切なこと。そしてこの社会での生き方について。