スマートフォン用の表示で見る

近赤外線分光法

サイエンス

近赤外線分光法

きんせきがいせんぶんこうほう

赤外線領域での分光法のこと。


測定対象に近赤外線を照射し、吸収された度合い(吸光度)の変化によって成分を算出する。間接測定であり、事前に検量線(キャリブレーション)と呼ばれる、成分値と吸光度を関連付けた計算式の作成を必要とする。特徴として、中赤外線、遠赤外線と比較して近赤外線は吸収が極めて小さいため、切片等を作成することなく、非破壊・非接触での測定が可能であるといわれている。