近接信管

サイエンス

近接信管

きんせつしんかん

 太平洋戦争当時、アメリカが開発した兵器。これは敵戦闘機に命中せずとも、10数メートルの近くに敵機があれば爆発するというもの。VTヒューズ?とも言う。