近代社格制度

近代社格制度

(一般)
きんだいしゃかくせいど

日本の神社を等級化すべく作られた社格の制度で、明治維新以降、律令制下の「延喜式」による制度にならって作られた。第二次世界大戦後に廃止されたが、今日でも「旧社格」などの名称で神社の格を表すものの如く用いられている。

新着ブログ: 近代社格制度