スマートフォン用の表示で見る

近鉄ライナーズ

スポーツ

近鉄ライナーズ

きんてつらいなーず

近鉄ライナーズは、大阪府大阪市天王寺区所在する、近畿日本鉄道近鉄)のラグビーフットボールチーム。ジャパンラグビートップリーグに所属。

ホームグラウンド大阪府東大阪市近鉄花園ラグビー場

創部は1929年

チーム名は、近鉄特急の看板列車である「アーバンライナー」に由来する。

1950年〜1970年代には全国社会人ラグビーフットボール大会で8度、日本ラグビーフットボール選手権大会で3度の優勝を成し遂げた古豪でもある。

2003年、初年度のジャパンラグビートップリーグに参加。

トップリーグ参戦チームの多くがプロ選手を主力に据える中、社員選手のみで構成。

トップリーグ初年度は最終節で福岡サニックスボムズ(現・福岡サニックスブルース)、プレーオフ九州電力(現・九州電力キューデンヴォルテクス)を下し残留を決めた。

しかし、2004-2005シーズンは12チーム中11位に沈み、創部初の下部リーグ(トップウェストA)降格となった。

2007-2008シーズン、トップウェストAで優勝、トップチャレンジ1で1位となり、トップリーグ復帰を決めた。

タイトル