スマートフォン用の表示で見る

近藤昭仁

スポーツ

近藤昭仁

こんどうあきひと

プロ野球選手(二塁手)、指導者、解説者。

1938年4月1日生まれ。香川県出身。右投右打。

現役時代は同郷の先輩でもある三原脩監督のもと、1年目より活躍。ホエールズ球団創設以来初のセ・リーグ優勝、日本一を果たし、日本シリーズMVPを受賞。「超二流*1と呼ばれメガトン打線を形成し、活躍を見せた。

1973年に現役引退し指導者に転進。TBS野球解説者、マスターズリーグ東京ドリームスのコーチなどを歴任した。

次女・典子の夫は新日本プロレス中西学。中西は近藤の娘婿にあたり、近藤は中西の義父にあたる。

ベイスターズ監督時代、漫画『ササキ様に願いを』では「ノーアウトかワンアウトでランナー三塁のときはスクイズしないと死んじゃう病」を患い、唯一の嫌われキャラクターとして登場していた。

経歴

年度所属背番号備考
1953-1955高松第一高等学校-甲子園出場なし
1956-1959早稲田大学-
1960-1978大洋ホエールズ1*2→72
1979-1981ヤクルトスワローズ75守備走塁コーチ就任
1982-1986西武ライオンズ83守備走塁・ヘッドコーチ就任
1989-1991読売ジャイアンツ72ヘッドコーチ就任
1993-1995横浜ベイスターズ60初代監督就任
1997-1998千葉ロッテマリーンズ814代目監督。日本プロ野球ワースト記録の18連敗を喫した
2006読売ジャイアンツ80ヘッドコーチ就任

*1三原脩による命名。近藤以外にも全ての選手を指した。

*2:高校、大学、プロを通して現役時代は1番にこだわった。