スマートフォン用の表示で見る

金ヶ崎の戦い

社会

金ヶ崎の戦い

かねがさきのたたかい

金ヶ崎の戦い(かねがさきのたたかい)

1570年、織田信長朝倉義景討伐のため徳川家康豊臣秀吉らが敦賀に進軍した。天筒城・金ヶ崎城を落とし越前に攻め入ろうとした時、近江・浅井氏が離反し、信長は朝倉氏と浅井氏とに挟まれ窮地に陥り、急遽総退却をする。この時金ヶ崎に残り殿を務めてこの難関を救ったのが秀吉で、その活躍で無事帰京できたと伝えられる。また殿で危機を救ったのは家康で、1586年家康上洛にあたり、秀吉金ヶ崎での戦いの救援に謝意を表したともされている。金ヶ崎の戦いはその後の二人の関係に大きな影響を与えた。金ヶ崎の退き口、金ヶ崎崩れとも。