スマートフォン用の表示で見る

金英達

読書

金英達

きむよんだる

1948年愛知県生まれの研究者コリアン系だが日本国籍を取得(日本名、すなわち法的な本名は大野英達)。神戸大学を卒業した後、花園大学関西大学奈良産業大学などの非常勤講師を務める。むくげの会、兵庫朝鮮関係研究会、在日朝鮮人運動史研究会等の会員として活動すると共に、RENK(救え!北朝鮮の民衆/緊急行ネットワーク)の代表を務めた。2000年4月25日死去。専門は在日コリアンの歴史・法的地位問題。特に創氏改名や、朝鮮人戦時動員(いわゆる朝鮮人強制連行)の研究に多大な貢献をした。



主な著書

在日朝鮮人の帰化―日本の帰化行政についての研究 (1980年)

在日朝鮮人の帰化―日本の帰化行政についての研究 (1980年)

創氏改名の研究 (朝鮮近代史研究双書)

創氏改名の研究 (朝鮮近代史研究双書)

創氏改名の法制度と歴史 (金英達著作集)

創氏改名の法制度と歴史 (金英達著作集)

朝鮮人強制連行の研究 (金英達著作集) (金英達著作集 2)

朝鮮人強制連行の研究 (金英達著作集) (金英達著作集 2)

在日朝鮮人の歴史 (金英達著作集) (金英達著作集 3)

在日朝鮮人の歴史 (金英達著作集) (金英達著作集 3)

共著

創氏改名

創氏改名