金関丈夫

読書

金関丈夫

かなせきたけお

人類学者。(1897-1983)

山口県土井ヶ浜遺跡の発掘調査と、それに基づく「金関の渡来説」で知られる。

専門の自然人類学解剖学のみならず、和漢洋の歴史・文学・芸能にも明るく、考古学民族学など多彩な分野で業績を残している。