金嬉老事件

社会

金嬉老事件

きんきろうじけん

1968年2月20日に39歳の在日韓国人二世の金嬉老(キム・ヒロ)、本名:権禧老(クォン・ヒロ)、1928年11月20日 - 2010年3月26日)が犯した殺人を発端とする監禁事件。寸又峡事件とも呼ばれる。いわゆる劇場型犯罪の最初のケースである。