スマートフォン用の表示で見る

金子誠

キーワードの候補

2件

スポーツ

金子誠

かねこまこと

プロ野球選手(内野手)、指導者。スコアボードの表記は「金子誠」。*1

1975年11月8日生まれ。千葉県我孫子市出身*2。右投右打。愛称はマックで、彼のアンダーシャツのネックにも筆記体で"Mack"と刺繍されている。

1998年・1999年に二塁手として二年連続でゴールデングラブ賞を受賞するなど守備に定評がある。

2003年に遊撃手に転向してからは、二塁手田中賢介と組んで「黄金の二遊間」として知られるようになった。

2004年はアテネ五輪野球代表に選ばれた。

妻は元テレビ朝日ニュースキャスターの白木清か?


2014年、現役引退。

2015年北海道日本ハムファイターズのチーム統轄本部特命コーチに就任。

エピソード

小笠原道大に代わり、2006年度のファイターズ選手会長を担当した。応援歌は島田誠からそのまま引き継がれている*3。金子の打順になると、スタンドでは新撰組の「誠」の幟で浅黄色*4に染まる。

ファイターズではよく食べる選手として知られる一方で、サプリメントは一切取らず、食物から栄養を取ると言うこだわりも持つ。

現役引退を決めた2014年ファイターズクライマックスシリーズを勝ち進み金子は登録を外れたもののチームには帯同し、ベンチには彼のユニフォームが掲げられた。

ファイナルステージ第6戦で敗れ日本シリーズ出場はならなかったものの、ファイターズファンに挨拶するためにナインとともにレフトスタンドに向かうとホークスナインも集まり、敵地ヤフオクドームにもかかわらず両軍選手が同じく引退していく稲葉篤紀とともに金子を胴上げした。

経歴

年度所属チーム背番号備考
1991-1993常総学院高校-甲子園出場あり
1994-2014日本ハム・ファイターズ
(2004年より北海道日本ハムファイターズ
30→81993年ドラフト3位

*1金子洋平との混同を避けるため。金子洋平退団後もそのままだった。

*2:小学校3年生まで松戸市居住

*3:名前が誠つながりということで

*4:金子のリストバンドの色も浅黄色で、彼のトレードカラーになっている

スポーツ

金子誠

かねこまこと

サッカー選手(ミッドフィルダー)

1975年12月9日生まれ。神奈川県出身

所属クラブ

1991-1993
桐蔭学園高校
1994-1997
駒澤大学
1998-2002
ヴァンフォーレ甲府

リスト::サッカー選手

このキーワード編集待ちキーワードです。 説明文の追記などをして下さるユーザーを求めています。