金子誠一

スポーツ

金子誠一

かねこせいいち

90年代のプロ野球阪神タイガースの選手。通称「和製カンセコ」。

右投右打、ポジションは外野手背番号は33番。

東北高校1982年投手として春夏甲子園に連続出場。

法政大学に進学も、登板機会が無く外野手に転向。

卒業後、本田技研和光に入社。都市対抗野球に出場し活躍。

1989年、ドラフト3位で阪神タイガースに入団。

1年目より一軍に定着。右の代打として出場。

以後、長距離砲として期待されたが、出場機会に恵まれなかった。


1995年、現役引退。

現在はソニー生命保険の会社員を務める。