中尊寺金色堂 からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

スマートフォン用の表示で見る

一般

金色堂

こんじきどう

岩手県平泉町中尊寺にある仏堂

奥州藤原氏の初代藤原清衡が天治元年(1124年)に造立した。

中央の須弥壇の中に清衡公、向かって左の壇に二代基衡公、右に三代秀衡公の御遺体と泰衡公の首級が納められている。

現在、覆堂で保護されている。

1951年文化財保護法による国宝に指定された。