金森栄治

スポーツ

金森栄治

かなもりえいじ

プロ野球選手・指導者。

登録名「金森永時」。

右投左打、ポジションは捕手外野手背番号は26→5→32番。


1957年1月24日生まれ。石川県金沢市出身。

PL学園高校で夏の甲子園に出場。

早稲田大学に進学し、4年次に首位打者を獲得。

卒業後、プリンスホテルを経て1982年ドラフト2位で西武ライオンズに入団。*1

1983年、一軍に上がり外野手に転向。

死球をよく受け、当たった時のリアクションが人気を博す。

1985年、登録名を「金森永時」に変更。

左翼手の定位置を掴み、打率.312、12本塁打の活躍でベストナインゴールデングラブ賞を受賞。

ライオンズ黄金時代に貢献した。

1988年5月、北村照文との交換トレードで阪神タイガースに移籍。控えの野手として出場。


1993年ヤクルトスワローズに移籍。登録名を「栄治」に戻す。

代打の切り札として、スワローズの優勝に大きく貢献した。


1996年、現役引退。

1997年ヤクルトスワローズの打撃コーチ補佐に就任。*2

2001年、西武ライオンズの打撃コーチ補佐に就任、翌2002年には一軍打撃コーチに転じる。

和田一浩アレックス・カブレラスコット・マクレーンを開花させた。

2003年、福岡ダイエーホークススコアラーを務める。

2004年、阪神タイガースの一軍打撃コーチに就任も、同年、退団。


2005年、福岡ソフトバンクホークスの一軍打撃コーチに就任。

2006年、打撃不振の責任をとり退団。

2007年、北信越BCリーグ石川ミリオンスターズの監督に就任。

2010年、千葉ロッテマリーンズの一軍打撃コーチに就任。

日本プロ野球界屈指の名打撃コーチである。


リスト::野球選手

*1ライオンズ時代も数試合捕手の守備についたこともあり、タイガース時代の1989年には木戸克彦の怪我で、守備練習にあたることがあった。

*2:当時監督であった野村克也に、「あいつは何も教えんでもええ。ベンチにいてくれるだけでええんや」と言わしめた。