スマートフォン用の表示で見る

金星食

サイエンス

金星食

きんせいしょく

月と金星が重なり、見かけ上月が金星を隠す天体現象のこと。

2012年の金星食(23年ぶり)

  • 2012年8月14日の深夜2時〜3時頃に観測できる(東京での食開始は2時44分、食終了は3時29分)
  • 日本全国(石垣島など一部の地域を除く)で観測できる

前回、金星食が観測されたのは1989年12月2日

次回、金星食が起こるのは、2063年5月31日


ペルセウス座流星群、23年ぶりの金星食――8月11日から16日までに観測できる天文ショー5つ - はてなニュース

2012年8月14日早朝に金星食