金星人

読書

金星人

きんせいじん

金星に居住する、想像上の知的生命体。鳩山幸が会ったとも言われている。

または、六星占術金星を運命星にもつ人のこと。

幸福の科学

地球人類の母星。美と知性あふれる最高度の文明を築いたが、約10億年前、地上環境が悪化し、多くの者は他惑星へ移住した。

【人型】背が高く、大変美しかった。

両生類タイプ】全長3m。悪化した環境に適応し、高温の硫酸の海に住む。知能は高い。現在の金星人は四次元で霊的生命として生き、愛・美・調和を大切にしている。