金大中事件

社会

金大中事件

きむでじゅんじけん

1973年(昭和48年)8月8日、来日中の韓国の元大統領金大中(キム・デジュン)氏が何者かによりホテルから拉致され、5日後、韓国の自宅前で発見された事件。

2006年、現在の国家情報院の前身である韓国中央情報部(KCIA)の組織的犯行だったと発表される。