金帝国

地理

金帝国

きんていこく

Jin Dynasty (英)

中国王朝の一。(1115年〜1234年)

女真女真族)の完顔阿骨打が建国。金、金朝金王朝

はじめ中国東北部満州)で建てられ、女真内の統一を達成。次に、1114年に遼と開戦すると、翌年には金を建国*1

遼と敵対する宋帝国北宋)と同盟して遼を挟撃する体制を作り(海上の盟)、1125年に遼を滅亡させた。

その後、宋の違約を原因として金は宋を攻撃、1127年に開封を陥落させて徽宗をはじめとする宋の要人を連れ去った(靖康の変)。

宋の残党は南方に逃れ(南宋)、金に対して臣下の礼を取ることとなった。

金は占領した地域の漢民族を支配する体制を構築。以後、モンゴルによって滅ぼされるまで華北支配を確立した。

*1:正式な国号は「大金」