スマートフォン用の表示で見る

金箔

一般

金箔

きんぱく

〔古くは「きんばく」〕金を打って紙のように薄く延ばしたもの。

――が付・く

(1)位や肩書きがつく。

(2)外見的に値打ちが高まる。箔がつく。

――が剥(は)・げる

表面の飾りがとれて、隠れていた本性が現れる。めっきがはげる。

三省堂提供「大辞林 第二版」より