金毘羅権現

一般

金毘羅権現

こんぴらごんげん

琴平山(象頭山)の山岳信仰修験道が融合した神仏習合の神。十一面観音菩薩本地仏とする。明治時代神仏分離が行われる以前は、讃岐国象頭山松尾寺金光院(現在の香川県仲多度郡琴平町金刀比羅宮)を総本宮とする日本全国の金毘羅宮や金毘羅権現社で祀られていた。