金平正紀

スポーツ

金平正紀

かねひらまさき

プロボクシング選手・指導者。協栄ボクシングジムの創始者。

1934年2月10日生まれ、広島市出身。

芸南高校時代にボクシングを始め、中退して野口ジムに入門。フライ級で活躍。

引退後はマネージャーとなるも、とんかつ屋を開く。

アルバイトの募集で海老原博幸と出会い、金平ジム(のち協栄ジム)を設立

1963年、海老原を世界チャンピオンに導き、その後も多くの世界チャンピオンを育てた。

1966年袴田事件の「無実のプロボクサー袴田巌救う会」の発起人になる。

1980年日本ボクシング協会会長就任。

1982年毒入りオレンジ事件により、永久失格

1989年解除。

1999年3月26日逝去。

現在、ジムは息子である金平桂一郎が運営。

マック金平?は甥。

ルーツについて

1980年の全日本ボクシング協会会長選挙出馬時に、敵対陣営から『日本人でない者が会長(トップ)になるのはいかがなものか?』という怪文書で名指しで中傷されたこともあって、それが未だに信じられ「在日コリアン」と、匿名ではない文責者の署名者入りの雑誌・単行本などですら、それが既成事実のように書かれることがあるが、正紀は、少なくとも江戸時代末〜明治時代から墓石で確認できる半農半漁を生業とする、広島県豊田郡川尻町の農家の身分の分家出身であり、前述については全くのデマである*1


* リスト::ボクサー

*1長男の桂一郎氏の著書『拳の真相』より、ISBN:4575301000ISBN:9784575301007