スマートフォン用の表示で見る

金融機関等の更生手続の特例等に関する法律

社会

金融機関等の更生手続の特例等に関する法律

きんゆうきかんとうのこうせいてつづきのとくれいとうにかんするほう

日本の法律

(平成八年六月二十一日法律第九十五号)

平成8年(1996年)制定。銀行保険会社など金融機関の経営が悪化した場合、更生手続きを円滑に進めることを目的とした法律。金融版の会社更生法にあたる。

   第一章 総則

(目的)

第一条
この法律は、協同組織金融機関及び相互会社について、利害関係人の利害を調整しつつその事業の維持更生を図るため、その更生手続に関し必要な事項を定めるとともに、金融機関等の更生手続、再生手続及び破産手続について、監督庁による申立て及び預金保険機構等による預金者等のためにするこれらの手続に属する行為の代理等に関し必要な事項を定めること等により、預金者等の権利の実現を確保しつつ、これらの手続の円滑な進行を図ることを目的とする。


以下、略