スマートフォン用の表示で見る

金融財政事情研究会

一般

金融財政事情研究会

きんゆうざいせいじじょうけんきゅ

一般社団法人金融財政事情研究会は、東京都新宿区に本部を置く、内閣府所管の一般社団法人

1950年6月1日設立

2011年4月1日、一般社団法人に移行し、元財務省元日本銀行等の幹部、金融団体トップ、学識経験者等の理事構成のもと、「金融ナレッジ・ソリューション・ファーム」としての機能を持たせた。

事業目的

内外の金融財政問題の総合的な調査研究を行い、もって合理的な金融財政政策の実現に資し、あわせて学術の発展に寄与するとともに、一般国民に対して金融財政知識の普及を行うことを目的とする。

事業概要

  1. 「週刊 金融財政事情」、「金融法務事情」、「月刊 消費者信用」等の定期刊行誌の発行
  2. 「金曜例会」「地方金融懇談会」等の定例会の開催
  3. 金融経済法務金融機関経営に関する実務書の刊行
  4. 金融業務に関する研修講座・セミナー・講習会等による教育・研修
  5. 厚生労働大臣指定試験機関として「ファイナンシャルプランニング(FP)技能検定」、「金融窓口サービス技能検定」(国家資格)の実施
  6. 金融実務に関する能力検定の実施
  7. 金融・財政に関する調査研究および国際協力事業
  8. ファイナンシャルプランニング確定拠出年金DC)など、金融年金・税務・資産運用等に関する知識の啓蒙等