スマートフォン用の表示で見る

銀と金

マンガ

銀と金

ぎんときん

リスト::漫画作品タイトル

福本伸行麻雀漫画以外での初のヒット作にして未完の大作。

政治・経済の裏社会を闇の金融王にして大物フィクサー・平井銀二と彼にあこがれ、やがて肩を並べる存在になりたいと奮闘する青年・森田鉄雄の物語。

麻雀マンガ家として成功していた福本伸行が、金融モノとして連載した意欲作。勝負マンガとして氏の最高傑作という呼び声も高いが、単行本11巻で現在未完のまま長期間連載が中断している。

福本伸行といえばギャンブルマンガのイメージだが、「無頼伝 涯」などにみられる人生サバイバル的な要素との両軸で描かれ、その後の氏の作品に大きな影響を与えている。

株の仕手戦勝負、贋作絵画を巡る勝負、お得意の特殊ルール麻雀から殺人犯との格闘や東北の名家の一族の殺し合いなどの勝負マンガ。

復活が待たれる半面、この物語で本来書きたかったテーマは、「カイジ」や「アカギ」「天」などで消化している感があり、最近福本伸行自身がテレビのインタビューで「いずれ機会があれば、描く事はやぶさかではないという気がする」といっているが、再開は難しそうという印象はぬぐえない。