スマートフォン用の表示で見る

銀シャリ

キーワードの候補

2件

銀シャリ

ぎんしゃり

シャリ、銀舎利。

白米の御飯の事。酢飯。

一般的に寿司の酢飯の部分を言う。

由来

入滅した釈迦が荼毘に付された際の遺骨及び棺、荼毘祭壇の灰塵である「仏舎利」が白米に似ていることから近世以降に日本でシャリと呼ばれるようになった。

仏舎利は遺骨または遺体を意味するサンスクリット語である「シャリーラ」の音写である。

また中国の唐代ではサンスクリット語で「米」を意味する「シャリ」が「遺骨」の「シャリーラ」と混同され、「米粒」を「舎利」と呼ぶようになっていたため、これが日本に伝わったという説もある。

また「銀」がついたのは白米が炊きあがった時に銀色に輝いている様子による。

アート

銀シャリ

ぎんしゃり