スマートフォン用の表示で見る

銀塩カメラ

サイエンス

銀塩カメラ

ぎんえんかめら

フィルムや感光板を使って撮影する、従来から存在する写真機のこと。従来、「カメラ」といえばこの銀塩カメラのことを指した。

特にデジタルカメラと対比する必要がある場合に、こう呼ばれる。

銀塩という言葉は、白黒フィルムの感光剤に由来する。(光が当たった部分を現像すると塩化銀が生じ、黒くなる)

カラーフィルムでは、色彩の再現に最低3種類(あるいはそれ以上)の色素を用いる。白黒・カラーともに、ネガフィルム・ポジフィルムが存在する。

画像を見るのに現像作業が必要となる手間や、撮影前・あるいは撮影後のフィルムには寿命がある点などが嫌われ、現在はデジタルカメラに市場シェアを追われている。しかし、現像時の増感といった、デジタルカメラには決してマネのできない技もある。

また、フィルム次第になるが、大判などの引伸しに強かったり、記録できる感度(ラチチュード:明暗の差)が広い点も、デジタルカメラに勝る。

最近では定年後の世代や趣味人向けに、マニュアルフォーカス式の銀塩カメラが、一部で人気を博している。

関連語 リスト::写真用語