九州チャレンジャーズリーグ

スポーツ

九州チャレンジャーズリーグ

きゅうしゅうちゃれんじゃーずりーぐ

九州地方を本拠地とするJリーグ及び日本フットボールリーグJFL)のクラブが参加して行われるサッカーリーグ。

九州の若手選手の育成を目的として2009年に発足。中止されたJサテライトリーグに代わる役割を担う。

2011年の参加チームは、アビスパ福岡ギラヴァンツ北九州サガン鳥栖ロアッソ熊本V・ファーレン長崎準加盟クラブ)、大分トリニータの6チーム。

3月から11月まで、ホーム・アンド・アウェー方式2回戦総当りのリーグ戦で行われる。