スマートフォン用の表示で見る

九州征伐

社会

九州征伐

きゅうしゅうせいばつ

九州征伐(きゅうしゅうせいばつ)

1587年、豊臣秀吉島津義久との間の戦い。四国を制圧した秀吉は、大友宗麟に救援を求められ、これに応じるという名分で九州への救援軍派遣を決めた。島津に降伏を促すが、義久はこれを一蹴。総勢20万ともいわれる秀吉軍の前に、義久は敗退をつづけ降伏した。これにより秀吉九州全土を支配下におさめた。