九州南西海域工作船事件 からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

社会

九州南西海域不審船事件

きゅうしゅうなんせいかいいきふし

概要

2001年(平成13年)12月22日に発生した不審船追跡事件のひとつ。不審船は巡視船と交戦の末、自爆し、自沈している。後の調査により北朝鮮工作船であった事が確定し工作船事件と呼称を変えた。日本で初めての武力行使事件。

海上保安庁自衛隊が出動した。(海上警備行動は、発令されなっかたが、連携して対処した〔出動:海保・十(鹿児島)・十一(那覇)管区本部の稼動可能な航空機及び巡視船艇、七(福岡)八(舞鶴)管区等は警戒態勢,PM型巡視船「あまみ」(名瀬海上保安部所属)、PS型「きりしま」(串木野海上保安部所属)、「いなさ」(長崎海上保安部所属)、「みずき」(福岡海上保安部所属)、特殊警備隊(SST)等/海自護衛艦「こんごう」「やまぎり」(第2護衛隊群所属)、特別警備隊(SBU)には出動待機命令〕)機関砲、ロケット弾などを巡視船に発砲(ロケット弾は命中せず)。これにより、防弾の不十分な「あまみ」が銃撃戦により損害。又、船橋を数多くの銃弾に貫通され、3名の負傷者を出すこととなった。日向灘不審船事件を契機に誕生し、船橋部分の防弾について十分に配慮された「きりしま」「いなさ」の損害は軽微であったが、船橋だけではなく主機(エンジン)にも被弾した「いなさ」は、3基ある主機のうち1基が停止した22時13分、当該不審船は海上保安庁の巡視船と交戦の末、爆発炎上を起こして、東シナ海沖の中国排他的経済水域EEZ)内で沈没した。(自爆によるもの。)

回収された武器

固有武装

 2連装14.5mm対空機関銃ZPU-2×1

携行火器

 AKS-74突撃銃×4

 PK系7.62ミリ汎用機関銃×2

 RPG-7対戦車擲弾発射器(ロケット砲)×2

 82ミリ無反動砲(B-10?)×1

 9K310 イグラ-1(NATOコードネームSA-16ギムレット)携行対空ミサイル×2

関連

 不審船?

 不審船事件?

 日向灘不審船事件?

 能登半島沖不審船事件

 日本海中部海域不審船事件?

 海洋法に関する国際連合条約

 横浜海上防災基地

 深田サルベージ建設?

 日本サルヴェージ?

 海上警備行動

 海上自衛隊

 特別警備隊?

 海上保安庁

 特殊警備隊