九条兼実

一般

九条兼実

くじょうかねざね

九条兼実(久安5〔1149〕年〜承元元〔1207〕年)は藤原忠通の三男。摂政関白太政大臣五摂家のひとつ九条家の祖。また同じく五摂家一条家・二条家も彼の子孫から分派したもの。異母兄に近衛基実松殿基房、同母弟に天台座主になった慈円(『愚管抄』の著者)や藤原兼房(太政大臣)がいる。

保元3(1158)年元服正五位下に叙せられ、左近衛権中将、永暦元(1160)年従三位に昇叙し公卿に列せられる。

仁安元(1166)年僅か18歳で右大臣に昇るも、後白河法皇平清盛の対立図式の中で両者から距離を置いていたため、その後20年近く昇進を押し止められ、長らく政権の中枢から外れていたが、源頼朝の支援を受けて、文治元年(1185)に内覧、翌年には摂政氏長者となり、文治五(1189)年には太政大臣に昇任し、建久元(1190)年には娘の任子を後鳥羽天皇中宮に入内させ、朝廷の第一人者となった。

しかし、頼朝の長女大姫の入内問題が絡んで、頼朝の支援を受けられなくなり、源通親との対立から建久七(1196)年、関白罷免され失脚した(建久七年の政変)。

その後は弟・慈円の後見に付き仏教界で活躍した。また法然帰依した。

彼の記した日記『玉葉』は、当時を知る貴重な史料