九条道孝

社会

九条道孝

くじょうみちたか

天保10年5月1日(1839年6月11日)〜明治39年(1906年)1月4日)

日本の幕末期の公卿政治家。父は九条尚忠。養父は九条幸経。

位階勲等は従一位大勲位公爵大政奉還前は左大臣などを歴任。摂政関白廃止後、藤氏長者に任じられた。明治時代になると明治天皇相談役貴族院議員などとしても活躍した。また、岩崎弥太郎の勧めで日本初の海上保険会社である東京海上保険会社(現在の東京海上日動火災保険)の創設に関わった。