スマートフォン用の表示で見る

九品仏

地理

九品仏

くほんぶつ

地名として

町名として九品仏は存在せず、基本的に東急電鉄九品仏駅周辺のことを指す。

名称の由来は、地元に存在する寺の名称が由来。

九品山唯在念仏院浄真寺。浄土宗

1678年、奥沢城跡地に創建された。今も土塁が残る。

仏堂(上品堂・中品堂・下品堂)にそれぞれ3体の阿弥陀如来像が納められているのが、その名前の由来。

駅として 東急電鉄

東京都世田谷区奥沢にある、「九品仏」駅。

客用ホーム長さが3両編成分しかなく、停車する電車は自由が丘より3両のみドアを開けるドアカット扱いを行う独特の構造の駅である。

踏切を挟んで、車掌用の確認ホームが存在する。

路線案内 東急電鉄

地図上の東西に準拠して表記。駅つきキーワードが存在する場合は〈〉で囲んで表示。