スマートフォン用の表示で見る

具志川市

地理

具志川市

ぐしかわし

旧自治体

沖縄県にあった市・地方公共団体沖縄本島中部の太平洋側に位置し、石川市・与那城町・勝連町・沖縄市に囲まれていた。

県庁のある那覇市からは、北東に約25kmの位置。

2005年4月1日に、石川市勝連町与那城町合併し「うるま市」になった。

関連
具志川

データ

人口:64,212 人(2003年3月末現在)

面積:32.03km2

概要

古くから肥沃な土地と水に恵まれ、近代になって、首里那覇士族が移り住み多くの集落を形成、純農村として発展してきた。

一時は砂糖の生産高が国頭(くにがみ)地区とほぼ同じになったことから「いちぐしちゃー(一番の具志川)」の異名をとっていた。