スマートフォン用の表示で見る

空耳アワー

音楽

空耳アワー

そらみみあわー

概要

「誰が言ったか知らないが、言われてみれば確かに聞こえる空耳アワーのお時間がやってまいりました」と始まる、テレビ朝日タモリ倶楽部」内の人気コーナー。さまざまな曲(主に洋楽)の中で、日本語として聞き取れるところを視聴者から投稿してもらい、VTRつきで紹介する。

ネタの面白さに応じて、手拭い、ソラ耳カキ、Tシャツ、ジャンパーの4種類の景品をもらえる。ただしネタ一つにつき必ず一つもらえるとは限らず、ジャンパーとまではいかないがTシャツだけでは……というネタには手ぬぐいがセットになることも。過去には手ぬぐいではなく番組内で紹介した商品や、ハガキに「商品はいりません」という記述があったため本当に何も出さなかったこともある。

タモリの他、「ソラミミスト」として安斎肇が出演する。過去にソラミミスト選考オーディション*1が数回行われたが、「毎週収録に参加出来る人間」という条件に見合う芸能人がおらず、結局安斎氏が返り咲いている。

コーナー冒頭に流れる♪空耳ア〜ワ〜♪のジングルにおける“空耳”の部分は当然のごとく「ソ」「ラ」「ミ」「ミ」になっており、楽譜がなくても歌えるようになっている。

空耳アワーのトリビア

2002年8月16日放送の空耳アワーには中国の歌が取り扱われた。
思慕的人〜想う人/齊泰(チーチン)

*1:「安斎氏の遅刻回数の余りの多さに業を煮やして……」というパターンで始まることが多い。実際、収録時間に間に合わずネタ放映どころか、タモリが安斎氏への説教を延々するだけの回もあった。