空鞘橋

地理

空鞘橋

そらざやばし

橋名

太田川水系 旧太田川(本川)に架かる“城南通り”の道路橋。

橋長:125m

幅員:18m

由来

空鞘(そらざや)は、空鞘神社 にちなむ。

江戸時代から 空鞘神社 の前から対岸の武家屋敷を結ぶ渡船があり大正年間まで存続していた。

1970年昭和45年)7月15日に竣功。

※“空鞘橋架設期成同盟”の石碑を元に記述。