スマートフォン用の表示で見る

空目

一般

空目

そらめ

書かれている単語を、別の単語として見間違えること。

現在ではあまり使われないが、平安時代からある用法として、「何も見えないはずのときに、何かが見える」という意味もある。

光ありと見し夕顔の上露はたそかれ時の空目なりけり

空目の例

キクチメガネ⇔キチクメガネ

トイレ⇔トレイ

おこと教室⇔おとこ教室

ひつまぶし⇔ひまつぶし

マスカラ⇔マラカス

バンガロー⇔ガンバロー

照明⇔照英

タラバガニタイバニ