スマートフォン用の表示で見る

熊沢重文

スポーツ

熊沢重文

くまざわしげふみ

JRA所属騎手。関西の中堅ジョッキー。“熊ちゃん”の愛称でファンに親しまれる。

1988年のオークスを10番人気のコスモドリームで優勝して初G1勝ち。

1991年有馬記念において、14番人気からメジロマックイーンを突き放してレコード勝ち(当時)したダイユウサクの鞍上として、また、ステイゴールドの主戦騎手として有名。

障害競走に積極的に騎乗しており、最多障害勝利騎手としてJRA賞受賞4回(1999,2000,2002,2004年度)。優秀障害騎手賞5回(1999年〜2002,2004年度)。

平地で600勝をしていながら障害でも100勝を越えており、「夢は中山大障害を勝つ事」という個性派。

また、平地・障害の両方で重賞を10勝以上している、史上唯一の騎手でもある。

2005年2月、史上13人目となる1万回騎乗を達成。

競馬学校の同期に、横山典弘松永幹夫、など。