スマートフォン用の表示で見る

熊谷和徳

一般

熊谷和徳

くまがいかずのり

タップ・ダンサー。ソロ公演の他、他ジャンルのアーティストとのコラボレーションや音楽CDへの参加など、幅広く活躍中。

1977年仙台市生まれ。15歳でタップダンスを始め19歳で渡米。NY大学に通いながら20歳の時にブロードウェイの大ヒットミュージカル「Noise & Funk」の出演者養成学校Funk Universityへ入学。初の日本人としてトレーニングを受ける。その後NYの地下鉄やストリート、ライブハウスの殿堂ニッティングファクトリー等で独自の活動を続ける。02年7月には、NYでNYCタップフェスティバルに出演し、ヴィレッジボイスに「日本のグレゴリー・ハインズ」と評される。NY大学卒業後、02年9月からは活動拠点を東京に移す。


【98年】

熊川哲也主演のYellow Angelにソロ出演

【03年】

NYCタップフェスティバルのGALAへ出演

【04年】

2月 青山円形劇場にて単独ライブ

6月 パルコ劇場にて単独ライブ

10月 天王洲アートスフィアにて映画監督の奥秀太郎ピアニスト稲本響を迎えての単独公演

【05年】

1月 NYCタップフェスティバル全米ツアーに日本人として初参加

3月 ツアーを全国のクラブクアトロで開催

7月 世田谷パブリックシアターにて単独ライブ「TAP is ALIVE」

8月 「金森穣 no・mad・ic project 2」に出演

10月 パルコ劇場にて単独ライブ「TAP me Crazy!」を上演