熊本種

動植物

熊本種

くまもとしゅ

 肥後五鶏とは「天草大王」「熊本種」「地すり」「久連子鶏《くれこどり》」「肥後チャボ」を指します。「熊本種」は明治時代熊本県で従来種にバフコーチン種やエーコク種を交配して作られた鶏で、全身橙黄色を帯びた美しいバフ色の大型で肉質の優れた卵肉兼用種です。戦前は広く県内全域で飼われていましたが、戦後は農家養鶏の現象と外国鶏の普及に伴なって暫時羽数が減少し、絶滅寸前のところを昭和51年熊本県養鶏試験場が保存改良と増殖に取り組み、この良質肉を活かした肉用鶏の改良と研究を続けてきた結果、熊本種より更に大型で強健な良質鶏肉生産鶏「熊本コーチン」を造成しました。 文章はhttp://raumenzuki.hp.infoseek.co.jp/jidori.htmから転載。


 写真はhttp://www.pref.kumamoto.jp/construction/section/nouken/higogokei/page_kumamoto.htmlから転載。このHP熊本県農業研究センターの一部で、熊本種の由来が詳しく図解されています。上記の説明より詳しいことを知りたい方はこちらをご覧ください。