スマートフォン用の表示で見る

繰延税金負債

社会

繰延税金負債

くりのべぜいきんふさい

税効果会計において、一時差異に係る調整額を貸借対照表資産または負債に計上するが、その際、未払税金に相当する「当期の利益に対応すべき税額で将来支払うもの」を指す。

会計上の利益が税務上の課税所得より多くなるときに生じる。企業会計上の「資産」または「負債」の額と、課税所得計算上の「資産」または「負債」の額は、算出方法が異なるため金額が違ってくる。