スマートフォン用の表示で見る

桑田武

スポーツ

桑田武

くわたたけし

60年代プロ野球選手。

右投右打、ポジションは三塁手背番号は8番。

1937年1月5日生まれ。神奈川県横浜市鶴見区出身。

荏原高校から中央大学を経て、1958年大洋ホエールズに入団。

確実性を備えた中距離打者として4番打者を務め、1年目の1959年には31本塁打本塁打王新人王を獲得。

1960年にはタイトルこそ無かったものの、チーム初のセ・リーグ優勝、日本一に大きく貢献した。

1961年打点王を獲得し、長嶋茂雄三冠王を阻止した。

近藤和彦近藤昭仁らと共にメガトン打線を形成。

1969年読売ジャイアンツに移籍。

1970年ヤクルトアトムズに移籍。

野球賭博に関わったとの嫌疑がかけられ、球団より厳重注意を受け、同年引退。


1991年1月21日、逝去。