読書

君の膵臓をたべたい

きみのすいぞうをたべたい

住野よるの小説。

いわゆる「青春小説」。膵臓の病気で余命わずかの女子生徒の日記をたまたま読んでしまったクラスメイトの「僕」に、彼女は接近し、自己完結的だった「僕」は、次第に他者への愛に目覚めていく。結末は痛い。


君の膵臓をたべたい

君の膵臓をたべたい

映画

君の膵臓をたべたい

きみのすいぞうをたべたい

映画

君の膵臓をたべたい

きみのすいぞうをたべたい