軍艦奉行

社会

軍艦奉行

ぐんかんぶぎょう

日本の江戸時代後期に幕府により設置された幕府海軍を統括する役職のこと。1859年に設置され、軍艦の製造、購入や操錬技術者の育成などを管轄していた。1860年には咸臨丸を出航させた。