スマートフォン用の表示で見る

刑事告発

一般

刑事告発

けいじこくはつ

刑事告発

刑事訴訟法第239条を基にして…

(1)犯罪があると思うときは、被害者でなくてもだれでも犯罪事実を申告して犯人の処罰を求めることができる。

(2)国家公務員または、地方公務員は、その職務を行う上で犯罪があると思ったときは、その事実を申告しなければならない。

手続−刑事訴訟法第241条を基にして…

(1)原則として検察官または司法警察員に、書面または口頭により、特定の犯罪事実について犯人の処罰を求める意思と告訴人または告発人が、誰であるかを明らかにしてこれを行う。

(2)口頭でなされたときには、それを受けた検察官、または司法警察員は、告訴または告発を調書に作らなければならない。