啓典の民

一般

啓典の民

けいてんのたみ

イスラム用語でイスラムに屈服し厳しい制約と差別を受け入れる代わりにイスラム国家(イスラム世界)に居住することを許される異教徒を指す言葉である。本来は同じ啓典を元に成立するキリスト教徒ユダヤ教徒、サービア教徒のみを指し、それ以外の異教徒には強制改宗させるのが原則であったが、後に緩和され、通常の税金のほかに人頭税(ジズヤ)を納めることで被保護民(ズィンミー)として、厳しい制限付きではあったが信教の自由や民族的慣習の保持が許された。