契丹文字

読書

契丹文字

きったんもじ

10-12世紀にかけて、現在の中国北部とモンゴル高原にあたる地域を支配していた半農半牧民族の契丹(キタイ)人によって使用された文字。遼の太祖耶律阿保機が制定したとされる表意文字(契丹大字?)と、太祖の弟であった耶律迭剌が制定したとされる表音文字(契丹小字?)の2種類の文字が存在する。