恵方巻き からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

スマートフォン用の表示で見る

恵方巻

えほうまき

節分の日に食べると縁起がよいとされる太巻き寿司のこと。「丸かぶり寿司」「恵方寿司」「招福巻」「幸運巻」「開運巻き寿司」と呼ばれることも。

食べる際は、毎年定められた恵方を向き、食べ始めから食べ終わりまで終始無言で丸ごと一本にかぶりつくのがルール。(無言:食べている間に願いを込める、切らない:縁を断ち切らない)

もともとは、関西の風習であり、明治時代に一旦廃れた後、1977年大阪海苔問屋協同組合の海苔の販売促進行事で復活した。1990年代の末頃からは、流通業界の販売戦略が功を奏し、全国的に普及した。

七種の具

恵方巻の中身は、七福神にちなんで七種がよいと言われるが、特に定義がないという説も。かんぴょう、キュウリ、シイタケ、卵焼、ウナギ(またはアナゴ)、でんぶ、ほうれん草(または三つ葉)が一般的。

恵方とは?

その年の神様(歳徳神)がいる方向のこと。※詳細は、→「恵方」を参照ください

2013年:

おおよそ南南東(南微東)、正確には丙。

http://senrioka-info.net/0_s-info/ehou.htm
chuboos! 押す巻きずし 太巻き型 FG-5059

chuboos! 押す巻きずし 太巻き型 FG-5059

ふとまきまっきー

ふとまきまっきー

木曽工芸 太巻き・押し寿司作り器セット

木曽工芸 太巻き・押し寿司作り器セット

わが家のすし巻 太口 B-601

わが家のすし巻 太口 B-601